マーケティング

広告を書き始められない。ペンが進まない。どうしたらいいのか?

最初に言えることは、間違いなく、、、

広告に完璧などないということ。

もちろん完璧は求める。そのために必要な情報を集めできるだけの力を注ぐことはもちろん。しかし、それでも広告というのは使ってみないと効果がわからない。どこかで聞いたことがあるのですが、超天才のコピーライターでも最初から完璧などない。当然、素人コピーライターが作る広告よりは、反応が出る広告は作れるとは思う。ただ、結果は使ってみないとわからない…

これは絶対にイケるぜ!な広告VS時間なかったから適当に作っちゃった広告

答えは、必ずしも全力を注いだ広告が勝つわけではないということです。むしろ片手間で作った広告が思いっきり費用対効果のある広告になることもさえあります。だからもしあなたが企業の広告制作の担当者で、「なかなか新しい広告を書き始められない…。納期がどんどん近付いてくる…」と悩んでいるのであれば、

まずは気にせず書けることを書く。デスクもしくはパソコンに向かう

これが非常に重要になってきます。不要な悩みを悶々と抱えるより、納品する前なのだから、気にせず適当に書き始めると、意外とスラスラ進むことが多い。それでも書けないという場合は、

情報が圧倒的に足りていない

という可能性が大きいです。情報というのは幅広いので、お客さん(ターゲット)のことかもしれないし、もしかすると参考にする広告が足りていないのかもしれない。あるいはチームでの情報共有が足りていないのかもしれないし、そもそも顧客へのヒアリングが足りていないのかもしれない…。情報と言っても様々だが、書き始められない場合は再度、情報を整理してみるのも得策です。最後に重要なことは

広告は修正する前提で完成させる

当たり前なのだけど、広告は使って反応を見てからが本番。ある程度の数値まで反応が上がった広告は、むしろ触らない方がいいのだけど、思ったほど反応がない場合は修正することが大切。その場合は複数のポイントを一気に修正するのではなく、まずはキャッチコピーから見直すなど、「どこを修正して反応が上がったのか」を確認できるようにしておくと今後の役に立つはずです。

さて、もうこの記事を読み終わったあなたは、きっとスラスラ広告が書けるはずです。「え?まだ書けないかも?」でしたら、モンスターズライティング社に相談してみてください。あなたのお客さんからの反応を思いっきり獲得できる素晴らしい広告を制作します。