広告制作の技術

読者は待たせるだけではダメ。商品に食いつかせるには?

お客さんにメールのみで商品を購入してもらうには、いくつかの仕掛けが必要だということを再認識した。

というのも、やはりマーケティングって知っているだけでは全く意味がない。できてナンボなもの。(当たり前)

で、先日のメールで19,800円の商品をメールだけで売ったお話をしたのですがまだまだあれでは満足できず。早速、先輩の頼れる経営者からいくつかポイントを伝授して頂いてきました。と言いますか、その方の元で仕事を引き受けている関係で最近よく一緒にいることが多いのです。本当に様々なデータを教えてくれるのでとても興奮せずにはいられない…

さてさて…

メールだけで売るにしても、リストがある前提だけど、読者さんがひたすら受け身になるのはNG

これ、私なりに置き換えてみるとお友達と遊んだときに全部おごりはダメってこと。ありがたみが全くなくなってしまうから。だから少しでも自分で払ってもらった方がいい。

んー、何かしっくりこない例えだ(笑)

要するに読者さんが「へーふんふん。なるほど」で終わってしまってはダメということ

きっとそのうち読まなくなるか商品を購入しない可能性が高い。じゃあどうするのというと

少しずつ小さな行動をさせると良い

今回の例だといきなりステップメールを送ったのだけど何かしらの理由でオプトインに登録させるべきだった。これが1つのポイントで、自らの意思で行動させることが大事。

だからメールフォームに登録させるのもそうだし、工夫次第ではメールに返信させるように仕向けたり。すごく当たり前で、小さなことかもしれないけど次のメールを待たせるようにすることもかなーり大事だということですね。

数年前からプロダクトロンチでよく見るけど動画にコメントさせてプレゼントを渡すのもよく考えてみれば、今回の話と同じことです。簡単なLPを作って登録させて…という流れはもうありきたりすぎて、その理由すら考えてなかったわけだけどやっぱり1つ1つのことを理解して実践する方が結果も伴いますよね。

といいますか、理由がわかっていれば次回も使えますし、失敗しても対策を立てやすいわけで。

まとめるとメールだけに限った話ではありませんが読者(お客さん)を受け身にさせてはいけない。小さなことでいいから、行動させること。そしてそれを積み重ねること。これが大事です。

実はお客さんを振るいにかけている効果があります。

残った人たちはもうこちらの言うことを聞いてくれます

非常に売りやすい状況になっています。だからフロントだけではなくバックエンドもクロスセルも成功する可能性が極めて高い…そういうことですね!

さて、これを踏まえてすぐに実践します。あなたの会社でもすぐに実践してみては?簡単なことで反応(成約率)が上がるかも。

コメントを残す

*